クリニックの内装設計は専門会社に依頼しよう|フロン法の問題とは

女の人

定期点検の必要性

メンズ

雑居ビルでテナントを借りてオフィスを開いている会社は多くありますが、テナントを借りた際についていた設備には注意しなければなりません。古いテナントに備え付けられたエアコン機器は、一部冷媒としてフロンガスを使用している可能性があるからです。フロンガスはオゾン層を破壊し、有害な紫外線を増やすとされる厄介な気体です。フロンガスの規制によって、現在では代替フロンやノンフロン機器などが主流となっていますが、大型の業務用エアコンなどでは未だに使用されている場合があるのです。古いエアコン機器ですと使われている確率が非常に高いため、注意しなければなりません。改正フロン法によって、フロンガスを漏出させた場合、例え故意でなくとも処罰の対象となります。改正フロン法による罰則を回避するには、エアコンを扱う専門の会社に点検依頼をするとよいでしょう。

エアコン工事を行なう専門の会社では、古いエアコン機器の点検と修理を行なってくれます。室外に設置するエアコン機器は劣化しやすいので、何の管理もしなければすぐにフロンを漏らしてしまいます。エアコン工事の会社は、劣化具合からフロン法に抵触しないかどうかを調べ、必要に応じて劣化部分の修理も行なってくれます。定期的に依頼をすれば、フロン法によって処罰されるリスクを大きく減らすことができるでしょう。エアコン機器の買い替えや、オフィス移転に伴うエアコン機器の取り外しを行なう際にも、エアコンからガスを漏出させるリスクがあります。エアコン工事の専門家に依頼し、安全に取り外してもらいましょう。